まりも屋の馬房
血統をメインに馬を見て出資を検討するブログ。馬体に関しては一切自信がありません。自身の備忘録としての機能がメインです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

15年産 2頭目の出資 と 年明けからの出資馬の回顧

キャンセル募集にも応募してみましたが見事に落選。
そんな中で2頭目の出資をしましたので記録しておきます。


ハービンジャー×ツルマルワンピース(母父キングカメハメハ)

marimoya


良くあるハービンジャー産駒のパターンでNorthernDancerの系列ぐるみが主導です。
他にも5代以内にクロスがあってちょっとバランスは悪いのですが、最低限のスピードやスタミナは持ち合わせていると思います。


年明けからの競馬では、いきなりリゾネーターとブラックバゴが勝利。
ブラックバゴはその後準オープンで3着に来ましたので、この後の更なる活躍が楽しみです。
またリゾネーターはつい先日伏竜Sを勝ちまして、こちらも更なる活躍が見込めます。

ストロングタイタンは金杯→小倉大賞典に出走しましたが残念ながら連対はならず。
裂蹄で復帰も先になりそうですが、まだ幼いところがあっての結果ですのでこちらも楽しみです。

あとはアルーアキャロル。
普通に使えれば間違いなくオープンで活躍できる馬なんですけど・・・
今回は痛いかゆいが無いみたいだったのでいよいよ本格化したのかと思っていましたが、レースでは惨敗。
さらに骨折。
この骨折で悪いものは全部出したと思って、気長に復帰を待ちたいとおもいます。

残念だったのはゼアミとダンスールクレールの引退。
ゼアミの方は1000万下で掲示板に載った直後でしたしショックでした。
しかし、2頭ともこれまでよく頑張ってくれましたし楽しませてもらいました。
ありがとうございました。

今週はリバーサルフィルムが復帰します。
未勝利は勝てる馬だと思いますので、今回は勝利かそれに近い結果を期待しています。

スポンサーサイト

15年産 1頭目の出資


またまたご無沙汰しております。
2016年募集で1頭目の出資をしましたので記録しておきます。

○ハービンジャー×ローザミスティカ

配合は素晴らしいの一言。
主導の明確性については血量の部分でややマイナス点がありますが、位置や全体の血のまとまり等、文句のない配合です。
公式の評価は1A~3B程度だと思いますが、Lyphardの血統評価が高ければビワハヤヒデやナリタブライアンと同等の評価(3A~2A)をされていたのではないかと思います。

marimoya


以下、プラスポイント
・Almahmoudのクロスで日本適性抜群
・Donatelloのクロスで日本適性に優れたスタミナを補充
・Natalmaクロスで上記の血をLyphardに直結
・Lyphardクロスも日本適性に優れている

馬体はハービンジャーらしく前脚が短いですが、脚元には大きな外向・内向は見受けられません。
また、背中が短くお腹が長いので十分に収縮も効くと思います。
トモも標準以上だと思いますし、繋ぎも寝ていて歩様も柔らかい。

結論としては、この馬は僕の中で今年の1番馬です。
正直言って、抽選に外れても冷静だったのはこれが原因です(笑)


この後、他の馬に出資するかどうかは育成の状況を出来るだけ見て判断しようと思います。
これまで年3-4頭に出資してきましたが馬の価格が上がりすぎてますし、最初の段階で広めに応募したにもかかわらず出資が叶ってませんからね。
あまり無理せずにいこうと思います。


反撃の狼煙

2016年募集でクジ全敗、そしてアルーアキャロルが必勝態勢でレースに臨むも、2着惜敗+骨折。
まさに踏んだり蹴ったりのまりも屋でございます。

そんな中リゾネーターが2歳未勝利戦に出走しました。
新馬戦でハミの問題が露呈し、修正を図った今回、馬は真面目に走るようになってくれまして、最後の直線で追い上げられたものの1着でゴールすることが出来ました。

過去の経験から最初の2-3戦でレースを覚えなかった馬は気性面で非常に苦労をします。
客観的に見ると単に未勝利戦を勝っただけに見えると思いますけど、ここでの勝利は大きいですわ。
本当に関係者の方々に感謝です。

先行脚質なので今後は惜敗が増えるかもしれません。
ですが、コツコツと賞金を稼ぎながら成長してくれれば良いと思っています。

30日は転厩して気性面に改善の見られるワンダフルラスターが出走。
また、11月にはストロングタイタン等も出走予定です。
この勝利を転換点として、2016年の締めくくりに向かって頑張ってくれると思います。

年に1度のイベント! 大抽選会に参加!


「どうせ当たんねーんだろ?」っていうのでふてくされていても仕方ない。
右往左往を楽しもう!ということで3頭に応募!

結果は・・・














marimoya



♪らーらーらー ららーらー  

  言葉にできなーーーい






2013年産出資馬の総括

今週月曜日の段階で保留となっていたジュメイラリーフの去就ですが、
検査の結果、屈腱炎を発症していることが確認され、引退となりました。

伸び代が大きそうだっただけにすごく残念ですが、結果が出なかったものは仕方がないです。
正直、出資する前から気性云々はわからない。
強いインブリードとかの影響はありそうですが、この馬には関係ないレベル。
次に脚元ですが、これは問題ないと踏んでいました。
軟腫はわからないですし、屈腱炎も不運だと思う(時間のある時にもう一度ゆっくり見てみますが・・・)

走力の部分は認められていましたから、個人的に反省する部分がほとんど無いというのが歯痒いですね。
そういう中で、幾つか学べたものがありますから、それを今後の馬選びに生かしていきたいと思います。

と、いうことで2013年産出資馬の未勝利勝ち上がりの有無が確定しました。
ここで2013年産出資馬の総括をしてみたいと思います。

まず、出資馬。
・ストロングタイタン :先行出資→3勝
・ジュメイラリーフ :4月のキャンセル募集に当選→未勝利引退
・アルーアキャロル :入厩直前に出資→2勝
・クワッドアーチ :入厩直前に出資→地方交流競走で勝ち上がり

この世代は、ラスファジャスが1番手の評価でその次がストロングタイタン、ジュメイラリーフ、セカンドエフォートでした。
募集価格や人気を色々と考えまして、ラスファジャスとストロングタイタンに応募し、ストロングタイタンのみ出資確定という流れ。
ラスファジャスは腸炎で死亡ということになってしまいましたが、未勝利を勝ちあがってこの先も力をつけていきそうな雰囲気は感じられましたので選馬としては良かったと思います。

そしてストロングタイタンは、ダートならユニコーンS、芝ならNHKマイルCをイメージしておりました。
爪の怪我があって長い休養がありましたが、現在すでに3勝を挙げていますので期待に十分に応えてくれていると感じています。
誤算は距離適性ですけど、芝の中距離馬って僕の中では非常に貴重です。
馬体や配合面からマイル以下の距離と見込むのは当然で、気にせず喜ぼうと思います。

次にジュメイラリーフですが、上の方にも書いていますので割愛します。
で、アルーアキャロル。
この馬の出資時の評価はコチラ

脚元の外向は当初から織り込み済みで、リスクの部分は覚悟していました。
で、その見込はほぼ予想通りだと思っています。
ただ、この時期に3走というのは思っていませんでした。
その原因はこの馬の走力にあると思います。
2つ勝って、オープンで僅差の2着ですからね。

僕の予定ではこの時期は500万クラスで小銭を稼いでいるイメージ。
脚元に負担がかかって当然。
良い方向に期待が裏切られてしまいました。

この後、重賞に手が届くかどうか、G1に絡めるかどうかは脚元次第でしょう。
新開先生がじっくりの方針ですので本当に頼もしい。
この後も年に3走ぐらいになっても構わないので、じっくりといってもらえればと思います。

最後はクワッドアーチ。
この馬の出資時の評価はコチラの下の方。

この馬も脚元が外向してて、それは織り込み済み。
これまで何回か脚元の疲れでコメントされていますが、十分に予想の範囲内です。

芝もこなせる配合ですし、レースを見ていると距離はもう少しあった方が良さそう。
気性がさらに改善して脚元が固まって、芝のマイルあたりを試せるようになればもっと成績も残せると思います。
これからが楽しみです。

総合すると、今年も全馬勝ち上がりはなりませんでした。
しかしながら3頭が勝ち上がってくれて複数勝ち馬も2頭。
結果的には良かったと思います。
ここから気性難や足元の不安が爆発することなく進んでほしいです。

プロフィール

まりも屋

Author:まりも屋
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

counter

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。