まりも屋の馬房
血統をメインに馬を見て出資を検討するブログ。馬体に関しては一切自信がありません。自身の備忘録としての機能がメインです。

実績? 抽選?

今日はシルクの出資馬決定方法について考えを書いてみようと思う。

去年は3年実績+当年申込み実績の順で400口。残り100口は電話先着順。
今年は3年実績+当年申込み実績の順で400口。残り100口は抽選。

基本方針としては、
「お金をたくさん落としてくれる人に優先権をあげましょう。」
というものです。

僕もこの方針には賛成します。
ただ、いざ出資に漏れてみると悔しいというか残念な気持ちになるんですよね。
お金を払うのはいいんだけど、希望するところに払いたいよね、って思います。

そ・こ・で!
こんな仕組みはどうでしょうか。

1.シルク側で募集価格を決める
2.会員は、一次募集時に募集価格以上の価格で申し込む
3.500口を超えた場合は、500番目の入札価格を一口の価格とする

入札制です。
シルクが出す募集価格は最低入札価格となります。

毎年思うんですけど、シルク・ノーザン側と会員の価値に乖離がある馬がいるんですよ。
その辺を埋められるという利点が1つ。

あとは、シルク側からすると指定した価格よりは値段は下がらないので得は有っても損はないです。
ここが2つ目。

何より会員は「この馬には○万円までなら出そう」ということで出資判断をしますから、漏れても不満は抑えられます。
500番目の入札価格が5万円で自分の入札が4万円だったとするなら、「僕の中でこの馬の価値は4万円だったんだから仕方がない」と思えます。
少なくとも今の仕組みよりは気分はいいです。
そして、金持ち有利の不公平さの中にも一定の公平性を出せるのではないかと思います。
これが3つ目の利点。

株式の公開を考えると入札制は十分に法律の枠に入るのではないかと思います。
そして、インターネットの発達した今ならそれほどの工数をかけなくてもやっていけます。

ぜひ導入を検討してもらいたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

まりも屋

Author:まりも屋
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

counter

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR