FC2ブログ
まりも屋の馬房
血統をメインに馬を見て出資を検討するブログ。馬体に関しては一切自信がありません。自身の備忘録としての機能がメインです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハービンジャーその3

ハービンジャーの3回目
今日はどんな繁殖牝馬と相性が良いのか、について書いていきます。

ハービンジャーの血統を見てみると、
1.主導の明確性を確保
  Danzig、Lyphard、Nijinsky、NorthernDancerの4×4、4×5、4×6等を作る
2.余計なクロスを作らない
  上記以外に1代目~4代目までにクロスを作らない
3.アメリカ系の血は少な目がベター

というのが原則でしょう。
もちろん上記を外しても良い配合になる場合もありますから、あくまで原則ということにさせて下さい。

これを満たそうとすると、母父サンデーサイレンスはHaleToReasonの位置が悪くてベストでは無くなります。
絶望的にダメってことも無いんですけど、勝ち上がるも1000万下あたりで燻る馬が多くなると思います。
今で言うと母父トニービンみたいなイメージかな。(脚質とは相関がないのであしからず(^^; )

で、具体的な母父の候補ですが、

S:ハービンジャー×BMSで1と3を満たせる
  母母が余計なことをしなければ1-3が全て満たせる
A:ハービンジャー×BMSで1を満たせるが3が満たせない
  母母が余計なことをせず、ヨーロッパ系の血を多く含めば1-3を全て満たせる
または、
  ハービンジャー×BMSだけでは1は満たせないが、Donatello系統を活かせて余計なクロスは発生しない
  母母は1を満たすために仕事をする必要あり
B:ハービンジャー×BMSだけでは1は満たせないが、相性はいい
  母母は1を満たすために仕事をする必要あり

というので分けますと、
S:バブルガムフェロー、キングヘイロー
A:ディープインパクト、ネオユニヴァース、ダンスインザダーク、ステイゴールド、アグネスタキオン
B:タイキシャトル、他のSS産駒
となります。

偶然だと思うんですけど、ディープインパクト産駒とも相性が良いということで本当に吉田さんや金子さん他、社台グループの関係者は運がいいですね。
そして群を抜く育成力と併せて、暫くは社台グループは安泰なんだろうと思います。

長くなってしまったので血統表とかは次回。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

まりも屋

Author:まりも屋
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

counter

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。