まりも屋の馬房
血統をメインに馬を見て出資を検討するブログ。馬体に関しては一切自信がありません。自身の備忘録としての機能がメインです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンスールクレール号スーパー未勝利戦に出走

表題の通りダンスールクレールがスーパー未勝利戦に出走しました。
ここ2走本当に惜しい競馬が続いていて、今回は最後の未勝利戦になるんですけど勝利に手が届くか、というかどんな形でもいいので勝利を手にして欲しいという一戦。

騎手は岩田。一戦必勝のレースでは申し分ない騎手。
タイム指数では前走まで減量騎手が続いていたため3番手の評価。
ただ、斤量増を克服して同じだけ走れれば勝てるという内容でした。

パドックは気合を出しつついい感じ。
これはダンスールクレールだからというのではなく、普通にいい感じでした。
ようやく気性面も手の内に入ったかな、という印象です。

レースは程よいスタートから前に付けますが先行したい馬が複数いて譲りません。
これを受けて騎手はなだめるような感じで行きたい馬を行かせます。
この辺うまいなぁ、と思いました。

結局中段より少し前目でレースを運びます。道中外目に出して体勢は整いました。
で。なんか馬が楽しそうに走ってるなぁ、と。
イヤイヤ走ってたのが嘘みたいで少しうれしくなりました。

1000mあたりから徐々に進出を開始!
4コーナーでは外から先頭を伺う位置に付けます。
これまではここでちょっと置かれる感じがありましたが今日は違う!違う!
絶好の手応えです。

直線に入ってすぐに前を捉えて内の馬を競り落とす体勢に入りました。
「横綱相撲でガッツリ勝たせていただきます!」
こんな感じ。
手応えもダンスールクレールの方が良かったですね。

ただ、後ろからもう1頭手応えのいい馬が。
結局内の馬は難なく競り落としましたが外から交わされてしまいました。
2着。
痛すぎる2着。

実力差と言うより目標にされてしまったというのが的確だと思います。
気性難は克服しましたが少し勝負弱い。

とはいえ、よく頑張ってくれました。
デビューから半年ぐらいは気性面のケアなくやってきてたハズで、その辺の調教師のミスをこの1戦でどうこうとか、岩田騎手がどうこうと言うのは筋が違います。
気性難は結果ですからね。
そうなる原因があったハズで、状況の把握と対策の仕方に問題があったんだと思います。

僕としては出資馬が未勝利に終わったというのは反省すべき点が沢山ある訳で、その辺はまた別途書こうと思います。

地方経由で戻ってこれるのかシルクの判断基準が曖昧なのでわかりませんが、そうなるのであれば関東の厩舎でやってもらえればと思います。
意外と結果オーライになったりするのかもしれません。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

まりも屋

Author:まりも屋
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

counter

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。