まりも屋の馬房
血統をメインに馬を見て出資を検討するブログ。馬体に関しては一切自信がありません。自身の備忘録としての機能がメインです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンパイアメーカー×ジュメイラジョアン ~血統編~

13年産の2頭目の出資馬について、有難いことに配合診断のリクエストをいただきました。
自分的にもメモをちゃんと残しておきたいので書いてみます。

エンパイアメーカー×ジュメイラジョアン

marimoya

最初に悪いところを書いて、その後に良いところを詳しく掘り下げます。

母方アグサン内SantaLucianaの血が全体とまったく呼応しておらず、ここは大きなマイナスポイントです。
ただ、アグサンの系統はこの弱点・欠陥を抱えながらも活躍馬を多数出してましてなんか謎の力が働いているような気もします(笑)

さて、ここからが本題。
NorthernDancer4×5が主導で位置・血量ともに主導は明確。
NorthernDancer内のNearctic-Nearco-Pharos-・・・を強調したタイプです。

NearcticはI理論的に優れた血統構成をしているのですが、特にNorthernDancerからクロスした場合にはダートに適性を示すことが多いです。
またNorthernDancer母系内のAlmahmoudのクロスがありません。
Almahmoudは、日本の芝に非常に高い適性を示しているのでここからも芝適性には疑問符がつきます。

本馬の配合はダート向きと考えるのが普通だと思います。

この配合でポイントとなるのがDr.Farger5×5のクロス。
Dr.Farger自体はスピード豊富な馬だったようで、BullDogの近親クロスを持っています。
この血(Dr.Farger)は、Chicleという血でNorthernDancerとかろうじて直接的に結合し、TomFool-BullDogを介して間接的にNorthernDancerと結合しています。
この結合はやや弱い(≒能力開花しにくい、クロス効果が伝わりにくい)と判断するのが妥当ですが、ここが有効に作用すればDr.Fargerのスピードだけでなく、血統内に散見されるBullDog-Teddy/PluckeyLiegeといった血の力を主導内にまとめることができます。
(※これ以外の血は、ほぼNorthernDancer内にまとめられているので本当にこの部分は大きなポイント)

以上のことからDr.Fargerのラインの血が有効に作用すれば6-7代目に4本あるNasllurahのスピード能力と合わせて、芝でも可能性があると思います。
(これはちょっと高望みしすぎかな?!)

いずれにしてもSS系の血を持つ馬と比べると鍛錬が必要な内容であることに変わりはなく、全兄弟がいたとしても能力の差が大きく出るタイプだと思います。

まりも屋の配合評価
◎□□△□□□□(2B)

芝:△ 1600m-2400m
砂:◎ 1400m-2000m
スポンサーサイト

コメント

こんばんは、ジュメイラジョアンの13の配合解説ありがとうございます。

やはりダートですかね?
出来るならダートでもスピードタイプに
なってくれるといいなと思っております!

育成の方も順調に行っているようなので
このまま無事に行って欲しいですね。
[2015/02/12 20:10] URL | 左馬助 #- [ 編集 ]
左馬助さん、こんにちは。

この記事からはダート向きの評価ということで伝わると思いますが、芝かダートかはわからないと考えています。

馬体というか動きが芝向きなんですよね。
この辺はまだ自分でも掴めていないところで、今後検証していくべきところだと思ってます。

まぁ、芝であれダートであれ無事に走ってくれて楽しませてくれればいいんですけどね(笑)
[2015/02/13 16:52] URL | まりも屋 #GCA3nAmE [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

まりも屋

Author:まりも屋
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

counter

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。