FC2ブログ
まりも屋の馬房
血統をメインに馬を見て出資を検討するブログ。馬体に関しては一切自信がありません。自身の備忘録としての機能がメインです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新たな出資

更新が滞ってますが、新たに2頭に出資しました!

・アルーアキャロル(ゴールドアリュール×タバスコキャロル)
募集時は繋ぎが立っていて、かつ前脚は外向しているということで候補にも挙がらなかった馬です。
調教は順調に進んでいますし、繋ぎも寝てきていい感じになりました。

配合面ではNorthernDancer4×5(中間断絶)の元に血を集合させており、特にHyperion-Gainsborrow/mahmoud-Blenheimの流れとそれらの結合の良さが武器になっています。
NorthernDancer4×5(中間断絶:3×4・3×5・4×4等を含む)の形はSS孫世代(母父SSを含む)の王道の形です。

一方でこの馬の配合ではトニービン内のHyperionが5代目にあります。
他のHyperionの血は6-9代目に位置しており、さらにHyperion内の血の抑え方が甘いです。
理論内では致命的欠点と指摘されるほどのものではないのですが、僕は現在まで母父トニービンの馬がそれほど活躍していない原因はコレだと思っています。
(※I理論上では、その配合の良いところ・強調点に欠点を持つと意外と成績が伸びないという傾向があります)

それでも出資に至ったのは、世代の更新が理由です。
ここ1,2年を見ると父馬・母馬の高齢化に伴ってNorthernDancer4×5(中間断絶)の馬が減ってきています。
その次の形はというとまだコレというのが出てきていない状況で色んな形が試されています。
現在は3年前なら活躍しにくかった配合の馬が活躍しています。配合レベルで言うと進歩じゃなくて後退してるんですよね。
ならば、欠点をわかったうえで出資してみようということです。


・馬名未定(ArchArchArch×Elizabits)
この馬も前脚は外向してますね。
配合面でももう1頭のArchArchArch産駒の方が良かったりするのですが、そちらの方は配合的に重すぎるという判断をしてこの馬に出資しました。

この馬はサンデーサイレンスを含みませんが、Almahmoudの血をクロスさせることができていますので芝にも対応可能な内容になっています。
加えて歩様に柔らかさがありますので芝もダートもこなせるんじゃないかと思っています。

この馬の配合は決して優れているわけではなく普通(おそらく本家では2B評価)なんですけど、馬体まで加味するなら楽しめるだろうと。
心配なところは脚元。健康で長く競走生活を送ってもらえれば、と思います。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

まりも屋

Author:まりも屋
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

counter

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。