まりも屋の馬房
血統をメインに馬を見て出資を検討するブログ。馬体に関しては一切自信がありません。自身の備忘録としての機能がメインです。

「出資しない」という選択肢

僕はシルクで15年以上一口馬主をやっているわけですが、出資の基準の中心は、配合→馬体→配合と変化しています。
また、シルクは2011年募集(10年産:現7歳世代)からノーザンが本格参入しまして現3歳までで5世代になります。

この間、出資基準の軸足を配合に戻して、微調整を加えつつやってきました。
その結果、それなりのものが出来上がったかな、と思っています。
そして、世代間の出来の良し悪しが僕の中の感覚と大体一致するということも分かってきました。

と、いうことで出資方針を若干変更することに決めました。


1.1年の出資頭数
これまでは、愛馬の出走のために出資ラインを下げてでも【世代3頭+α】で出資してきましたが、これからは1頭1頭の絶対的な評価で出資するかどうかを決めていこうと思います。
ですので、走ると思える馬が多ければ5頭6頭と出資する年もあると思いますし、逆に0頭(=出資しない)という年も出てくるかと思います。

2.牝馬への出資
上に書いた出資基準なんですけど、これは牡馬限定です。
牝馬については、昨年本格的に出資する気で検討をしましたが、結果的には出資はしませんでした。(抽選漏れ)
ここから3年ぐらいで牝馬の出資基準も作っていこうと思います。
これが確立できると出資検討対象が2倍になるので、頭数の確保も楽になるかと思います。

3.口数
あとは口数ですね。
実績制度にも対応していかないと、走ると思える馬を逃すことになります。
というか、これまでにも散々逃してきています。
そのために、常に現役馬で50口ぐらいに出資している状況を作りたい。
この辺は急には出来ないので、少しずつ口数を増やしながら体制を整えていこうと思います。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

まりも屋

Author:まりも屋
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

counter

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR