FC2ブログ
まりも屋の馬房
血統をメインに馬を見て出資を検討するブログ。馬体に関しては一切自信がありません。自身の備忘録としての機能がメインです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウイングステルス16 ~血統編~

こちらも満口ですので血統評価をしておきます。

marimoya

1.主導
主導はNashua5×6×4の系列ぐるみ。
血量的にNashuaよりも濃いクロスはなく、5代目以前に他のクロスを持たないため、位置的にもNashuaの主導は明確です。
(WildRiskは世代ズレ)

2.位置・配置
父方のWildRiskに世代ズレがありますが、他はクロスの世代も概ねそろっています。
良い配置かと言われれば微妙なんですけど、まぁ標準ぐらいはあると思います。

3.結合度
6代目以内でクロスしている馬を見ると、Swapsは主導と間接的な結合になります。
SwapsはHyperionーGainsboroughの系統ですが、この馬の配合においてはHyperionーGainsboroughの系統は少数派でもあり影響は少ないと思います。
他の血についても主導と直接結合ながら8代目9代目でかろうじて結合しているものもありまして、総合すると標準かそれより少し良いかというところです。

4.弱点・欠陥
父の母方に2箇所の弱点あり。
他にも危ういところもあって、血の押さえ方は良いとはいえない。

5.影響度バランス
8-4-2-7

6.種類・数
種類:56
数:292

標準的な水準。

7.質・傾向
血の質はどちらかというと低いです。

8.スピード・スタミナ
Nasrullahを父母にバランスよく配置し、Almahmoudのサポートも受けているためスピードは確保できています。
スタミナは明らかに不足しています。
どの距離に適正を持ったとしても、重賞クラスまでいくと「スタミナ不足でちょっと足りない」ということがあり得るかと思います。

総評
Nashuaを主導とした配合自体は、15年ぐらい前にあったもので、非常に古い形です。
似た配合にノーリーズンやチョウカイキャロルがいます。
両者はいずれもスタミナの核を持っていましたが、本馬にはそれが無く1枚劣ると思います。
当時のNashuaを主導とした配合馬は、日本の硬い馬場には疑問のあった配合が多く、実際にノーリーズンやチョウカイキャロルの競争成績が今一歩伸びなかったのは適正の問題があったと思います。
本馬の場合は、Nashua-Nasrullahの血に加えて日本適正抜群のAlmahmoudの血が加わっており、さらに、しっかりと能力参加できていますので、その辺で日本の馬場への適正不足を補えるのではないかと思いました。

クロスの感じを見ても、全体的にバランスの良い配合とは言えませんが、主導の明確性とその個性(古さと適正の補正)は際立っているので、現代の競馬でどんな走りを見せてくれるか楽しみにしています。

まりも屋の評価
◎□○△□□□□(3B)
芝:◎ 1600m-2000m
砂:○ 1200m-1800m

IK評価予想
○□□□□□□□(2B)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

まりも屋

Author:まりも屋
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

counter

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。