まりも屋の馬房
血統をメインに馬を見て出資を検討するブログ。馬体に関しては一切自信がありません。自身の備忘録としての機能がメインです。

レース結果(ダンスールクレール4戦目)


淀まで観に行ってきました。
いや~、写真撮るのが難しい! 家に帰って見てみたら撮ったはずの写真が無いし・・・んー、カメラ苦手!
他のブログで皆さんが撮られてる写真は凄いですわ。

marimoya

marimoya

パドックは最初から最後までうるさかったです。
入れ込んでるのとは違って、単に厩務員さんに悪さしてるって感じでした。
暴れ方が少ないので1人で引いてるんでしょうけど、レース前の消耗を考えると2人で引けばいいのに・・・と思ってしまったり(笑)
結構発汗してましたし、消耗が無いといえば嘘になるくらいは暴れてましたんで馬券は見とすることにしました。
客観的に見て「馬券は買えない~」ってパドックでした(笑)

馬場入場~返し馬は普通。この辺は少し覚えたのでしょうか。
ちゃんと返し馬できてましたし、大人しかったように見えました。

レースのスタートは初戦・3戦目と同じ。
比較的ゲートを速く出てそのまま馬の気持ちで前目に付けるという感じ。
この辺、掛かってるとかいう様子は無く、馬の気が良すぎるように見えました。
確かに競馬を教えることで解消されそうな気も。

前半のペースが非常に遅く見えてたんですが、半マイルぐらいのところで騎手が仕掛けるでもなく馬の走る気を活かした感じで先頭へ。
レース後に「あそこを抑えとけば」とか「あそこで行くならはじめから・・・」などと言う人もいるかもしれませんが、現場で見ていた感想ではあの判断は良かったと思ってます。

直線に入ってメイショウに差されて2着。
勝って欲しかったですが、ある程度仕方ないとも。

今日の様子だと、大分競馬を覚えてきているというか、常識にかかるようにはなってきています。
ただ、「控える競馬を覚える」ことと「勝つ」ことの両方を狙うのは非常に難しいとも感じました。
競馬を覚えさせるのであれば、2-3戦は勝負を捨てて騎手と馬が喧嘩するのを覚悟でレースをさせる必要があるし、勝つことを優先するなら先頭に立つことも許容して馬なりで出していく方がいいんだと思います。

もう少しですね。
馬は元気そうだったんでもう1走、11月の京都で走ってくれないかと思ってます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

まりも屋

Author:まりも屋
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

counter

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR